スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大腸内視鏡検査 

大腸内視鏡検査の日。
昨晩は消化の良いものを食べ(たまごがゆにした)、
朝8時半から下剤を飲む。水、お茶は飲み放題。
11時半くらいに、ほぼ水しか出なくなった。
お腹が痛くなるようなことはなかった。

自転車でクリニックへ。
13時45分から検査。
着替えて、紙パンツ履いて、お尻に注射をして、横向きに寝て挿入。
曲がり角、曲がり角がとても痛い。
いたたたた、と言うと、曲がり角だからと教えられたのだ。いまだけ、と。
奥まで入ると上向きで寝かされた。
抜くのはそんなには痛くなかった。
カメラも一緒に見れた。

痛くないように、と出産のときのように、目はあけて、フッフッフーと息を吐いていたら、
見辛いから呼吸は穏やかに自然にと言われた。

結構綺麗で、こんな風なんだ、と思って見てたら
びろびろが一個あって、それはカメラ入れるときのタコ?だとかでなんでもないとのこと。
その後、もっと抜いてきたら、一個ポリープがあり、電気メスでとってくれた。
ガンの素だから、とのこと。

肛門の近くまできたら、もうすぐ抜けるな、って感覚がわかった。

終わって着替えて、先生の話。
お腹が痛くて歩きづらい。
とったポリープは病理に出すとのことだった。
良性とのこと。ポリープは病理に出すことになっているらしい。

「白血球など上がってないけれど、盲腸ってことだったのでしょうか」と聞いたら
「うん、そういう盲腸もあるよ」と言われた。

ほっ。

帰りに、受付でこの検査は終わった後お腹が痛いんですか、と言ったら、
そうです、休んで行かれますか、と言われたのでお願いした。
看護師さんに、ガスがお腹で動いて痛いのだと言われた。
おならが出るごとにお腹がらくになる気がした。
20分で動けそうになったので、お礼を言って帰宅。

軽やかな気持ちになり、お昼とおやつを買って帰ることに。
パン屋と和菓子屋に寄り、パンと練り切りを買って帰宅。

白血球とCRPが上がらない盲腸になった方のブログを一件だけ発見したけれど、
その方も、不定愁訴の多い、子育て中の女性だった。
出産後の不定愁訴をいくつかだけ書いて、あとはブログが止まっていた。
その後も知りたいのに。脳貧血持ちとか、出産後の神経とった歯の抜歯とか、似ていた。

ポリープは大きさとかで悪性とかも分かるようだけれど、
ポリープがあったということは、育っていく可能性もあったわけで、
やっぱり定期的な検査が必要なのだろうか。
今度の病理の結果を聞きに行った時に聞いてみよう。

とにかく、お腹をしっかり治して、脳貧血の症状改善と、筋トレを頑張ろう。
脳貧血は自律神経と関係しているようで、生活のリズムを整えたいのだけれど、
授乳量は減ってきて、生理も戻って ホルモン状態も前のように戻ってきてるはずなのに、
夜は3、4回起き続けて 息子の呼吸器を直したり授乳したりしているから、
なかなか難しいなー、と思う。ほんと、子育ては何かあればあるほど、体力勝負だ。

moblog_f760c37a.jpg

moblog_5c09c291.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanamediary.blog53.fc2.com/tb.php/2102-d4a9cd4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。