スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退園届け 

昨日電話して、退園届けを出しに保育園にいってきた。
ママ友が少し早めに帰ってきてくれて、うちで子供をみておいてくれた。

行ったら、散歩時の子供の写真と入園式の集合写真と、照合のために撮影されていた私と息子の親子写真を利用して、お別れカードを作っていてくれた。元気でね、と書かれていた。さみしい。。
鯉のぼりにみんなの足型をうろこに見立てて押していたのも、息子の場所をちゃんと開けて待っていてくれていた。泣ける。

激戦をくぐって入園できた保育園だったのに、そして先生達も親切で丁寧だったし、公立のように決まりごとも少なくて、
けっこう気に入っていたのに残念でならない。

荷物を持ってお礼を言って後にした(餞別の品を忘れ、翌日ママ友に持って行ってもらった)

子育て支援センターのほうに、専業・育休続行組のママ友達がいたので、少し寄っておしゃべりして帰ってきた。

喉がうまく治って、保育ママもうまく受かって、4月から通って、また次の4月は2歳8ヶ月で、3歳で時短が終了だからそれを見越して、延長保育できる保育園に入園できるようにしておかないとならないのでは。
毎年保活することになるのか。。
2歳後半ともなれば、もう少人数保育から集団保育に切り替えても、喉は大丈夫なのかな。
色々と疑問はあるが、なるようにしかならないし考えるのやめよ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanamediary.blog53.fc2.com/tb.php/2071-4bbf40d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。