スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒百合ヒュッテと北八ヶ岳「にゅう」 (夏の終わりの避暑 2日目) 

遅い出発だったので、稲子湯の登山口Pに11時頃着きました。
Sちゃん朝ごはん


稲子湯P→しらびそ小屋(昼食)→中山峠→黒百合ヒュッテ(泊)→にゅう(2351.9m)→しゃくなげ尾根→稲子湯P

目的は
・泊まってみたい小屋に泊まる
・いってみたい小屋に立ち寄る
・苔蒸した山道で癒される
・一つはピークハントしとこう(にゅう)

てことで、ゆるく設定しました。だいたい、登山MAPの通りの所要時間でいけたと思います。

しらびそ小屋は、みどり池のまん前にあって、素敵なロケーションでした。リスや小鳥の餌場が窓際に置いてあって、近くで見れました。
グッズもかわいかった。
   
 


苔蒸した森は行きも帰りも堪能できました。こういうところを歩きたかったのよ。


中山峠はなかなかハードで、ここは登りにしといて良かったです。下りに設定したら大変だったかも。

黒百合ヒュッテは予想通りかわいい山小屋でした。戸は青い硝子がはめ込まれ、ランプもあって、もちろんグッズもかわいくて。ごはんも美味しかったし、平日いったので空いていてゆっくり眠ることが出来ました。

玄関&喫茶&ショップ
 
 
 

夕飯


玄関の戸&ランプ
 

室内


あの植村さんの色紙
 

黒百合ヒュッテファンのKIKIさんサイン(本)


夕暮れ


天狗岳のほう

黒百合ヒュッテに同じ日に泊まった人は、全員が翌日「天狗岳」を目指していて、私達は行かないと言っていたら「なぜ」という反応でした。天狗岳が有名なんですね。

そう言われると、急に天狗岳に登りたい気持も出てきて私は悶々としてしまいましたが、そこはブレないSちゃんが初志貫徹で、私の迷いも飛び助かりました。実際、稲子湯に戻るのに天狗岳に登るのは私の体力的に厳しいのです。私って。

翌日はにゅう山頂までいってきました。
「にゅう」ってのは山の名前で、後で調べたら「乳」と書くようです。ひらがなとカタカナ表記しか看板では見ませんでした。
頂上は岩だらけで、ちょっと格好よいです。晴れて見晴らしも最高でした。富士山の鬱憤が晴らせたかな。

しらこま池側。

反対側。

お弁当。

包みもクロユリでかわいい。オリジナル包装紙。

帰りのしゃくなげ尾根は、しゃくなげが咲いたらどんなに綺麗かろうなあ、と想像しながら歩きました。しゃくなげのトンネルになるのかな。

帰りは稲子湯から再び小淵沢スパティオで温泉に入ってから別荘に戻りました。あ、その前に道の駅で信玄餅ソフトを食べた。


夕暮れ、Sちゃんが絶景スポットに連れていってくれました。小淵沢からは八ヶ岳も南アルプスも両方見えるのです。気持ちよかった。

山梨らしく、ほうとうを食べて就寝。料理番長がいるから毎日美味しい手料理だー!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanamediary.blog53.fc2.com/tb.php/1796-78602624
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。