スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾旅行 3-4日目 

3日目
台北101に駅から向かう途中のビル 統一阪急百貨の本屋で本屋で鳥柄の布かばんを買う。近代的な本屋さん。1Fにagnes bのショップが入っていて、付属のカフェがあり、日本にはないかも、と思いカップやお皿をしばし眺め悩む。店員さんが中国語で話しかけてきたのでjapaneseだと伝えて苦笑い。地下鉄でも中国語で道を聞かれたし、ほんと見た目じゃこちらもあちらも分からない。マナーが悪い観光客がいると中国人率は高い。

101

高いビル。今は世界2位。竹がイメージでニョキニョキ生えてるデザイン。
展望台への列が結構長かったのであっさり諦め。
できればお手ごろ価格のオブジェが欲しかったのだけれどグッズの数が少なく、デザインと価格が見合ったものが発見できず。

↓タクシー
タクシー安い。地図見せて店の前まで連れて行ってもらった。これで、地下鉄、バス、地上の電車、タクシー、大体制覇。その後フェリーも。

永康街(かき氷、刀削麺)

有名なかき氷屋さん 思慕昔(スムージー)、でマンゴーかき氷を食べた。すごいボリューム。2人で一つで十分。おいしい。上のパンナコッタみたいなのも。かき氷ではなくいわゆるスムージーで味がしっかり。

その後、刀削麺を食べに永康刀削麺(ヨンカンダウシャオミェン)へ。牛肉麺おいしかった。
大と小があるのですが、大を頼んだら多すぎて残してすまった。申し訳ない。




猫カフェ 猫花園

世界初の猫カフェらしい。(といいつつ、猫好きだけども猫カフェも初めて。実家に居たから、ネコ)

猫があまり寄ってこない。近づいて少し触ってみるも、無視。猫ですねえ。ほんと交流が図れなかった。やっぱり自分で猫を飼うしかないようです。

お茶が甘くてびっくりした。全てのお茶に砂糖がたっぷり入っているのではなかろうか?

MRT芝山駅を降り、住所を見てここを目指すも、徒歩1分とあるのになかなか見つからない。店の前を掃除していた人にガイドブックの住所を見せて聞いたら 反対側だという。通りがかりの人も加わって 日本語で台湾は通りのこっち側とあっち側で番地が奇数と偶数に分かれている、と教えてくれました。なんと、通りの反対側だったなんて予想だにしなかっただ(反対側は線路の向こう側でよく見えないのです)。そして、ぐるぐる探したけど、番地が全部偶数だったことにも気づかなかったわ。にしても日本語堪能な人が結構いるみたい。お年寄りだけでなく。


淡水(MRTで台北市内から40分程度)


淡水駅から降りてフェリーで漁人碼頭までいき、夕暮れが有名で見に行きましたが、あいにくの曇りでした。
曇っていましたが、台湾のフェリーで波しぶきを受けながら移動して、海を堪能してきたのでよし。


台湾車駅の2Fフードコート
とても広いフードコートです。最後にやっぱり小包龍をたらふくいただいてきました。心残すことなく。やっぱり中のスープから何からおいしい。


頂好スーパー
最後の買い残しないかチェック。

4日目
4:15集合 バスで空港へ 帰路 7:00頃の便で成田へ
14:30(日本時間) 自宅着


台湾は安くて美味しくて人も良くて、日本語もわりと通じるし、治安もよい。海外旅行初心者でも行きやすいねー、と話してました。
漢字圏の海外旅行が初めてだったので、なんでもなんとなく分かり面白かったです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanamediary.blog53.fc2.com/tb.php/1646-ce1aad1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。