スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二日目 グエル邸 ピカソ美術館 モンセラット 

朝食
トマトがうまい。

地下鉄で移動。

バルセロナの旧市街でも一番古いエリア、ゴシック地区へ。
ランブラス通りを通ってグエル邸へ。
スリが多いというので要注意。

・グエル邸
とにかく屋上の煙突のモザイクがかわいい。
ガウディが建てたグエル邸。馬を止める地下が格好よくて好きです。
音声ガイドが借りれます。日本語あり。

・なんとかの広場をチラ見

・カタルーニャ建築家協会 ピカソの壁
ふにゃふにゃとした絵だ。

・カテドラル



・王の広場
おとなりの副王の館は無料で入れたようです。
日本人以外の観光客はたくさんいたと後でネットで見ました。よさげです

・ピカソ美術館 青の時代までの作品。けっこう通り沿いにチケットを求める各国の人が並んでいた。ざっと見た。雑誌かなにかの女性の絵にわき毛とか下の毛とか落書きしている絵も飾られていて面白かった。こういうのも飾られてしまう。
あと、鳩、飼ってたのですね。鳩の小屋のある自宅のベランダの写真と、そこを描いた絵が飾ってあって素敵でした。

昼食にパン屋でチーズと生ハムのバゲットを買う。
赤や緑のドレンチェリーなどシロップ漬けのフルーツの乗った大きな平べったいパンがやたらたくさん売っていて、まずそうだな・・と思っていたら、今日はこのパン(コカというらしい)を食べワインを飲んで踊る、聖ジョアン祭なのだそうです。スーパーでもこのパンたくさん売ってました。

・モンセラットへ
バルセロナからバスで一時間ほど。昼過ぎからのツアーで行ってきました。
モンセラットはのこぎりでひかれた山という意味で、サグラダファミリアもこの影響を受けた作品だとか。

スビラックスの彫刻がよかったです。サグラダファミリアに受難ファザードという彫刻があるそうなので楽しみ。

いちじくやチーズや蜂蜜が有名らしい。屋台が通り沿いに並んでいる。
MATOと呼ばれるヤギのチーズに蜂蜜をかけるという名物を食べた。ほとんど蜂蜜の味。

ガイドさんが荷物がホテルに到着していることを確認してくれた。戻ってた!


・デパート(エルコンテイングレス)で買い物・夕飯
コカがたくさん売っていた。祭りに参加するパワーもない。疲れた・・
最上階のレストランでミートソーススパゲッチーを食べて帰った。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanamediary.blog53.fc2.com/tb.php/1463-459c0323
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。